fc2ブログ

くれはの雑記帳。

くれはが日々のことを気が赴くままにいろいろ書き綴っています。 よろしく♪
 

●聖女の救済

4月に読んだ本①


先日書いた記事にある、読んだのに間違ってまた買っちゃった本の内の1冊がこれでした。

でも、実は読んでいなかったんです

出だしのところは間違いなく読んでいるのですが、でもほんのさわりの部分だけであとは読んだ記憶が全くなくて。
どおりでブログにも書いていないはずだぁ。
でも、なんでそんなことになったのか、自分でもほんとにわからなくて


ヒマな時に読み返す気になってよかったぁ。
危うく読み損ねるところでした



●聖女の救済   東野圭吾



ガリレオシリーズの長編です。

長編だけあって、物語の展開も紆余曲折盛りだくさんなのですが、ぐいぐい引き込まれていきます。

湯川教授を含め、調べる側(警察側)の主要人物のキャラクターが立っていて、その行動、心の機微がとてもよく描かれていて、読んでいて面白い。

殺害のトリックも、『そうきたかっ』ってカンジで、やられちゃいました。



ただ、一つ難を言うなら、殺害された男の人物像というか考え方があまりにひどくて、ちょっと受け入れられなかったところでしょうか。

ミステリーらしいと言ったらそれまでですが。


でも、それを差し引いても、ものすごく面白かったです。



ちゃんと読んでよかった~


スポンサーサイト



Last Modified : 2016-09-09
* Category : 読んだ本
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

コメント







非公開コメント
Re: No title
コメントありがとうございます♪

ミステリーの登場人物ってひと癖ある人が多かったり、それでストーリーをおもしろくしてたりするのであまり気にすることはなかったのですが、この男はホントにイヤな奴だと思いましたe-351

だからと言って殺されていいわけではないのですがe-330

『ミステリーの突っ込んじゃいけない部分』かもしれませんねe-440
2014-05-01-20:05 kureha
[ 返信 ]
No title
こんばんは。

自分も「聖女の救済」読みましたよ。
面白いですよね。

読みやすい上、ミステリーとしても秀作だと思いました。

確かに殺害された男はひどい人物でしたね。
2014-04-30-19:23 神崎和幸
[ 返信 ]